業者に依頼すると断然お得

インターホン

3つの理由とは

インターホンは一般住宅で約10年、マンションやアパートなどの集合住宅では約15年で新しいものと交換します。その際、一般住宅と集合住宅のどちらの場合も、電気設備会社や電気工事会社、工務店などの業者に依頼してインターホンのリニューアルを行うのが一般的です。それにはいくつかの理由があります。第一の理由として、業者に依頼することにより市価よりも安い価格でインターホンを購入できる点があげられます。特にインターホンのリニューアル工事を数多く手がけている業者は、メーカーとの取引量が多いため、安く仕入れることができます。住宅設備会社やインターネットの通販などで購入するよりも、2割から3割以上安い価格で最新機種を購入できることもあるほどです。次に、インターホンや監視カメラ、自動ドアなどの住宅設備は、設置工事が終了した後も、定期的な点検や不具合が起こったときの修理などの保守作業が必要になります。そのため、設置工事を行った業者と長期的な保守業務を委任する契約を結ばなくてはなりません。リニューアル工事が終了した後のことも考えると、信頼のおける業者に依頼するのが当然といえるでしょう。また、インターホンのリニューアルと同時に、家庭用火災報知器やスプリンクラーの設置工事を一緒に依頼できるのも、業者を利用するメリットです。住宅設備工事を請け負う会社は、インターホンだけでなくさまざまな種類の設備についての工事が可能です。リニューアルのついでに、以前から気になっていた工事をまとめて実施することにより、コストを下げることができます。

Copyright© 2017 インターホンを交換しませんか?家族を守る立役者 All Rights Reserved.