安全に取り付ける

作業員

インターホンをリニューアルする際は、必要な専門知識や資格を持っている業者に依頼すると滞りなく作業が完了します。業者は効果を上げる設置方法を知っているため、よりセキュリティ効果を上げる位置や角度にインターホンを取り付けられます。

詳しく見る

古い呼び鈴を変える方法

婦人

家を建てて暮らし始めて、あとから不便だと感じることがあります。特にインターホンです。配線が面倒だから交換できないと思っている人もいますが、今は無線機能付きがあるので簡単に設置できるのです。しかもテレビ画像付きなので訪問者の顔を確認できます。子機は持ち運びできるので、2階でもトイレでも受信できます。

詳しく見る

誰が来たか確認できる

インターホン

インターホンのリニューアルとひとくちに言っても、カメラ機能がついたものやセキュリティ機能がついたものなどがあり、本体価格は1万円から6万円前後となっています。工事費用は1万円から2万円が相場ですが、種類によっては別途工事が必要なこともあるので見積もりを依頼するのも良いでしょう。

詳しく見る

最新のものを選ぼう

工具

インターホンは最新のものに交換した方がいいかもしれません。最近は映像を録画する機能がついたものが多く、これによって防犯対策を強化することができます。また、取り付けも行ってくれる業者から購入するととても楽です。

詳しく見る

業者に依頼すると断然お得

インターホン

インターホンのリニューアル工事を業者に依頼するのにはいくつかの理由があります。インターホン本体を安く調達できること、設置後のメンテナンス業務も業者に依頼できることなどが主な理由です。また、インターホンのリニューアル以外の住宅設備工事も同時に依頼でき、コスト削減にもつながります。

詳しく見る

防犯上のメリットが大きい

インターホン

電気工事は資格が必要

最近新たに取り付けるインターホンのほとんどは防犯上の効果の高いカメラ付きインターホンになっています。インターホンを交換する場合にも、カメラ付きのインターホンに変更することができますが、電源を取る必要があるため自分での交換はなかなか難しいため業者に交換を依頼する必要があります。音声だけのインターホンだったものをカメラ付きのインターホンに交換するときには、そのまま従来のインターホンが付いていたところに取りつけるだけでは不十分で、高さや角度、それに場所も変更して交換しなければいけなくなることが多いです。高さは高過ぎてもいけませんし、低すぎてもいけません。低すぎると子供がいたずらをしてしまうなど誤動作が多くなってしまいます。角度は死角がなくなるように音声も拾いやすい方向に向けなければいけません。場所はこれまでのところで問題なければよいですが、今まで使っていて雑音が多かったり、車の音を拾いやすいと感じた場合には別の場所を考慮すべきです。インターホンを取りつけるポイントはいくつかありますが、施工実績が豊富な業者であれば最適な機種や取りつけ場所を提案してくれるはずです。これまで使っていたインターホンが電源を使用していればそのまま利用できれば工事費用を節約することができますが、電池式など電源をとっていないものになるとカメラ付きのインターホンに交換する場合は電気工事が必要になり、電気工事士の資格がある人でしか工事を行うことはできません。

Copyright© 2017 インターホンを交換しませんか?家族を守る立役者 All Rights Reserved.